MENU

特定調停とは

 

特定調停

 

特定調停とは、債務者が簡易裁判所に調停を申し立て、調停委員と債権者とで借金の減額交渉を行うことです。
任意整理と似ていますが、裁判所を通すという点は異なります。

 

裁判所で行う法的な手続きなので、弁護士に依頼せず自分で手続きをすれば費用の節約ができます。
しかし、手続きは簡単ではありません。
そして何より、債権者との話し合いなので、相手が100%応じる必要はなく不調に終わることもあるのです。

 

そんなときは手間ばかりかかって、結果が得られなかったということになります。

 

今となっては、特定調停をやる人はかなり減っています。
任意整理なら申請中の返済が停止されますが、特定調停にはそのシステムがないのでメリットが少ないと感じる人が多いようです。