MENU

個人再生

 

個人再生

個人再生とは、裁判所の手続きにより債務を大幅に圧縮することで多重債務者を救済する制度です。
債務の額を1/5にまで減らすことができます。3000万円以上の場合は1/10まで可能です。

 

個人再生の大きなメリットは、家を残すことが出来るという点です。
自己破産のような財産の処分や職業制限などの必要がありません。

 

「住宅資金特別条項」という住宅ローンを残したまま、そのほかの借金を減額する制度なのです。
ただし、裁判所の厳しい審査をクリアしてでないと適用されません。
裁判所に再生計画書を提出、認可決定が下りれば法的に強制力が発生します。

 

再生計画書には、住宅ローンや減額した借金の支払いが安定的に行えるのか、毎月の収入などを調べられます。
申請すればだれでも受理されるというものではないのです。

 

任意整理で交渉が決裂しても、裁判所から再手続認可決定が下りれば借金を減額することができるのです。
個人再生は手間がかかる分、任意整理よりも大きな減額を得られることができるのです。

 

さらに自己破産と違って、免責不許可事由があっても利用することができます。
個人再生は、任意整理と自己破産のちょうど中間的な役割をもつ制度です。