MENU

自己破産

 

自己破産

自己破産とは、裁判所に破産手続きを行い破産者の持つ家や車(20万円以上の価値がある場合)、一部を除いた財産などを差しおさえて現金化し、それを債権者に公平に分配するかわりに、債務のすべてを帳消しにする制度です。

 

債務者が破産手続きをすることを、自己破産といいます。
債権者が債務者に代わって破産手続きを行うことを、債権者申立てといいます。

 

債権者申立ては、債務者が借金の返済を何か月も滞納した場合に行われます。つまり債務者には返済能力がないと判断された場合ですね。

 

破産手続きにより、財産を処分分配してもなお債務が残る場合は、借金の免責手続きによって借金を免除していいかどうかの判断がなされます。
破産手続きと免責手続きによって、自己破産が成立するのです。

 

しかし、自己破産ができないケースがあるのです。
ギャンブルや浪費による借金、詐欺的な借り入れの場合などは免責不許可事由と言い自己破産が却下されます。