キャッシングカードとデビットカード

カードにはいろいろな種類があります。
もちろんどれも同じではありません。

 

借金のできやすいカードとできにくいカードがありますが、わかりますか?
キャッシングカードはお金を借りるときに使うカードです。
お金そのものが引き出せるため銀行カードのような感覚で使ってしまう人がいますが、それは他人のお金であり借金です。

 

クレジットカードはお金そのものではなく、買い物をしたときにたてかえてもらうものです。
もちろん借金です。

 

買い物のときにデビッドカードというのがありますが、これは借金ではありません。

 

デビッドカードは自分の銀行口座から直接引き落とされるので、自分のお金で買うものです。
つまりその口座に残高がなければ決算することができません。

 

銀行や郵便局のキャッシュカードから現金をおろして支払うという面倒さをデビッドカードが担ってくれるのです。

 

カードには種類があって、借金になるものならないものをしっかり理解してお使いくださいね。