MENU

任意整理とは

任意整理

 

任意整理とは、債務者に対する弁済や方法を、債権者との話し合いで交渉することです。

 

つまり、借金をしている人(債務者)が借金を貸してくれた会社(債権者)に、「このままだと借金が完済できないので、減額してください。」と直接申し込むことです。
弁護士や司法書士などを代理人にして、交渉することが多いです。

 

話し合いによって減額が決まった場合は、合意書を作成します。
口約束だけにならないように、必ず書面を交わします。
しかし、100%希望通りに借金が減額されるというわけではないので、ご注意ください。

 

多くの金融業者は36回の分割払いにしてくれますが、もっと多くの分割にすることもあります。
逆に、36回の分割で支払えないような借入金額であれば、任意整理ではなく他の方法を検討する必要があるのかもしれません。

 

一般的には元金の返済を目指すことが多く、任意整理中の返済停止時の金利(経過利息)や和解成立後の金利(将来利息)などは無くしてもらう交渉を行います。しかし、相手も商売ですから、必ず減額に応じてくれるとは限らないことをお忘れなく。